真夏の肥料問題

バラを秋に向けてせっせとソフトピンチ中なのですが、肥料って……どうするんですかね??

1ヶ月に1回やれと言われたり、真夏は肥料焼けするからやるなと言われたり。

どっちだよ……!!

しかし、秋の開花に備えてある程度は肥料効かせた方がいいんじゃない?

と思ったので薄めの液肥を与えてみました。

でもその都度希釈するのは面倒で性に合わないのでこんなの使ってみましたー!

通常は100倍希釈に設定されているようです。1分間に10リットル?出るように水量を調整すると勝手にちょうどいい希釈率で出てきます。

まあでも1分間に10リットルとか量るの面倒くさいし薄めにして使いました。

だから何倍希釈で出てるのかわからんけど、水道水そのままやるよりは肥料効果があるに違いありません(適当)

固形の肥料は涼しくなってきてからあげようかな、と今のところは思っております。

薫乃の葉っぱがだいぶ充実してきました!!

ピンチのタイミングはよくわからんのですが早けりゃ早いほど肥料ロスが防げるだろうということで、新芽が出たらともかく早めにピンチしてます。

できるだけ小さく。中心部分だけ。

正しいのかわからないけど葉っぱをできるだけ残す方がいいのかと思って、そうしてます。

ピンチしてみるとかなり小さいうちから蕾の存在を感じますね。

聞いた話によると新芽が5㎝くらいになった頃には蕾はできているんだとか。

それに気づくとかなりもったいない気がしますけど……秋のために我慢ガマンです。

オーブもかなり伸びてきましたが、オーブも同じようにピンチすればいいのかな……?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA