今年もレモンは冷害でやられました。

2022年4月11日かんきつ類レモン(庭植え)

スポンサーリンク

防寒しないからだよ!!(自覚あり)

ここよりも寒いところに住んでいる人(たぶん)から自家製レモンを大量にもらったことがあるんですよね。

だから「レモンの大木がある(?)」=「ここでもレモンがたやすく育つ!!」って思っていたんだけど……違うのか。

やっぱり防寒しなきゃ育たないのかな。

根元はワラで覆っていたので、樹自体が枯れることはなかったけれども、上部は完全に冷たい風にさらしていたので……ほぼすべての葉が落ちました。

寒さに負けたレモン。でも生きてる。

数年は収穫が見込めないそうです。レモンの本に書いてあった。

しかし、あんまり大きくなると防寒するのも面倒でね~~。

不織布でぐるぐるに巻いてたこともあるけど、さほど防寒効果なかったし、あきらめたんですよ。でも、そうなると実は採れないという……なんのためのレモンなのか。

実は採れなくても花は多少見れるからね。とは言っても、葉がないのはさみしいですね。今年はちゃんと寒さ対策します。

寒さによって落ちた葉っぱはコナジラミの影響で黒くなってた(スス病)ので、それをリセットしただけ……ということにしておこう。

時期はちょっと遅いけれども、思い切って再度剪定ーー!!

防寒しやすいように、もっと樹高を低くしました。

去年はレモンを気にしている時間がなかったんだよね。夏枝も秋枝も放置して気づいたら収集つかない感じになってた。

今になって、いいものを見つけたので、今年の冬はそれを買って防寒してみます。

Lなら二枚セットなのでLサイズで入るサイズにしておきたい。二重にしたら防寒効果もアップするはずなので……検証結果はまた来年!(来年までブログやってれば)

寒害の前にアゲハとの戦いがそろそろ始まるはずなので、アゲハから葉っぱを守りたいです。それとコナジラミ。